医療法人社団 飯盛会 倉光病院はアルコール治療、社会復帰、高齢者をサポートする福岡の病院です。

  • 〒819-0037 福岡市西区飯盛664-1
  • Tel:092(811)1821
  • Fax:092(812)3649
  • アルコール治療
  • 社会復帰への取組み
  • 高齢者サポート

倉光病院のご案内

  • 倉光病院について
  • 外来診療について
  • 入院治療について
  • アルコール依存症・ギャンブル障害などの依存症 治療プログラム
  • 入院ARP
  • 退院したのちのサポート
  • 社会復帰への取組み
  • 高齢者サポート
  • 物忘れ外来
  • 家族へのサポート
  • 治験
  • 関連施設
  • アクセス方法
  • お問い合わせ
  • 採用情報

退院したのちのサポート

  • デイケア
  • メンバーさんへ
  • 生活支援
  • 訪問支援
  • アディクション(依存症)家族教室
  • AA・断酒会など自助グループ

アディクションリカバリーセンター(ARC)-デイケア案内

デイケアとは、外来治療のひとつです。様々な活動を通して交流し、体験を分かち合い、自分を豊かにし、社会生活・社会復帰が出来るようにするためのものです。つまり、アルコール依存症・ギャンブル障害などの依存症から回復する基盤を固める為に、一定の期間集中してお酒やギャンブルなどの問題に取り組むことが効果的です。そのため、当院ではデイケアを提供しています。

ARCについて
  1. 断酒、断ギャンブルを始める助走をつける場所
  2. 仲間作りと対人関係トレーニングの場
  3. 日中を安全に過ごす場所
  4. 正しい知識と行動の仕方を身につける場所
  5. 自助グループや中間施設につながる足場
  6. 再飲酒・再ギャンブル後の立て直しの場
  7. 職場復帰前の生活リズムと職場調整の場
  8. 入院治療後のアフターケアの場
  9. など、個人の課題に合わせた利用の提案します
デイケア提供日時
月―金曜日・月曜日の祝日
時間:9:30~15:30

※月によって休みが異なります。
直接デイケアにお問い合わせください。
TEL:092-811-9084(デイケア直通)

プログラム実施日
月間スケジュール参照
送迎バス
デイケア(ARCプログラム)月間スケジュール

月間スケジュールカレンダー PDFダウンロード

ページの先頭へ

ARC利用料
種類 1割 3割 食事
1年以上1年未満1年以上1年未満
デイケア 770 (820) 2,310 (2,460) 予約制
ショートケア 400 (420) 1,200 (1,270) ありません

※自立支援医療などにより、個人の自己負担上限が異なります。
詳しくは病院受付までお問い合わせください。

デイケア行事参加や調理実習及び個別に伴う費用等は自己負担となります。

ARC利用が決まったら(注意事項)

ARC利用が決まったら用意するもの
①上ばき(スリッパ等)、箸、コップ
②すごしやすいプログラムにあわせた服装
③薬(必要な方)
④お茶等(自販機あります)
⑤プログラムに必要なもの(教科書、筆記用具等)

ARC利用当日(注意事項)

  1. プログラム及びミーティングについて
    • ※参加中は離席ならびに退出しないことが原則です。やむをえない場合は、スタッフに申し出て下さい。また、他の参加者の迷惑にならないようにしてください。
    • ※ミーティングは病気からの回復を目指すうえで自分を語る場所です。私語や他の方への批判は厳禁です。
    • ※プライバシーの点から、ミーティングで聞いたことは外部で話さないでください。
    • 酒気を帯びている方、酒臭のある方の参加はできません。
    • ※活動中に体調の変化があればスタッフまでお知らせください。
  2. 遅刻早退欠席される場合は当日朝9:00までにご連絡ください。
  3. 2週間連絡なしでの不参加の場合には、治療の意思確認をいたします。再度面接が必要となります。3ヶ月利用のない方は、改めて外来の診察を受けていただくことになりますのでご了承ください。
  4. 食事をキャンセルした場合、食事キャンセル料が発生いたします。
  5. 当院での金銭の貸し借り、ギャンブル、処方薬の譲渡は禁止です。
  6. 以上のルールが守れない場合や、他のメンバーとのトラブルなどの問題行動がある場合はARC参加をお断りすることがありますので、予めご了承ください。

お問い合わせ:092-811-9084 アディクションリカバリーセンターまで

☆外来診察・検査・入院のお問い合わせは、病院代表番号811-1821です。

ページの先頭へ

ARCを利用されるメンバーさんへ

送迎バス運行について(時間はお問い合わせ下さい)

金曜日のみ橋本駅—倉光病院間は、送迎バスとは別に青セレナにて送迎します。

食事のキャンセルについて
  1. キャンセルは1週間前までにお願いします。
  2. それ以降のキャンセルについてはキャンセル料(100円)が発生します。
  3. 当日のキャンセル料は300円となります。
  4. 食事の予約なしでARC参加される場合は、昼食の持参または売店での購入をお願いします。

※以上の変更は、病院の給食委託業者に伴うものです。ご理解の上、ご協力お願いいたします。
※予約方法につきましては、各デイケア受付にてご確認ください。

☆外来診察・検査・入院のお問い合わせは、病院代表番号811-1821です。

ページの先頭へ

生活支援 グループホーム「ひかり」紹介

※アルコール依存症者およびギャンブル障害者に対し日常の社会生活に復帰する事が出来るように、住居を提供し自身を取り戻す事を目的とします。

定員 16名
利用期間 1年(1年延長可)
入居対象者
(アルコール依存症・ギャンブル障害などの依存症者)
  • ARPを終了されている方
  • 一定程度の自活能力があり、共同生活を送ることに支障がない方
  • 日常生活を維持するに足りる収入がある方
  • デイケア、作業所などに通える程度の方
住所 西区飯盛510番地の7
電話番号 092-811-3630
グループホーム「ひかり」独自の取り組み

役割担当制度

全ての入居者は、グループホーム内でいくつかの役割を担う事になります。そうする事で責任感を養うと同時に、人の役に立てる事を通じて、自尊心の回復や、コミュニティの一員だという所属意識を成長させることに繋がります。1週間間隔で役割が交代します。役割には、2つのグループがあり、作業内容やどのように行動するかは、各グループに任されます。

  1. キッチンクルー制度
    • 担当者が全入居者の夕食を作ります。(月、水曜日)
    • 献立、買い物、調理、調理室の清掃、記録(献立、料金)などを協力して、実施することで、自炊の自信に繋げます。
  2. サービスクルー制度
    • 除草、草木の世話『ひかり』周辺の清掃および『ひかり』内環境整備
    • 『ひかり』畑作業
    • 日常生活に必要な、上記の作業を協力して行うことで、そうした作業の大切さと共に、協調性や責任感を高めます。
スケジュール
  • 朝のミーティング

    ・月~土8:50から食堂に集まり、各自が一日の過ごし方や、前向きな発言・決意などを報告し、最後に約束事を読み合わせます。

    ・アルコールチェックを行います。

  • 週例清掃

    ・毎週土曜日に、共同部分の清掃を行います。

  • 入居者ミーティング

    ・毎週月曜日15:40から施設内で起っている事、困っている事、皆で話し合いたい事などを入居者全員参加で、ミーティングを行います。

ページの先頭へ

訪問支援

アルコール依存症・ギャンブル障害などの依存症の患者さんのための訪問支援

当院ではアルコール依存症・ギャンブル障害などの依存症の患者さんに対する訪問支援を行なっております。
当院でのアルコール依存症・ギャンブル障害などの依存症の回復プログラム(3ヶ月間の入院プログラム)を受けた方を対象としています。

アルコール依存症は、飲酒のコントロールができなくなる病気で、このコントロール不能状態は、一生変わりません。つまり、「一杯でやめておこうと決めて飲んだつもりでも、一杯では済まなくなる」という特徴は一生続きます。

ギャンブル障害も同様で、パチンコ、競馬、競輪などのギャンブルへの気持ちのコントロールができなくなる病気です。当院にて治療プログラムを終えて退院後、ご自宅に戻られた後も引き続き、ギャンブルをしない時間を続けていくことが必要です。

ですから、当院の入院治療プログラムを終えて、退院し、ご自宅へ戻られた後も引き続き、断酒(一滴の酒も飲まないようにすること)・断ギャンブル(ギャンブルをしないこと)を続けていくことが必要です。

当院では看護師、精神保健福祉士、作業療法士のうち2職種がペアとなり、ご自宅を訪問し、退院時状態の継続の支援を行なっています。また希望される方に対しては、ご家族同席での訪問も可能です。ご家族の協力が患者さんの回復を促進します。是非、同席されることをお勧めします。

料金について

医療保険の種類により負担割合が異なります。自立支援医療制度を利用される場合は、基本的に1割負担です(上限あり)。まずは、お気軽にご相談ください。

保険の種類 訪問支援の料金(1回)
通常 自立支援医療を利用の方
社会保険 3,080円 1,030円
国民健康保険
後期高齢者医療 1,030円 1,030円
母子・障がい 負担なし 負担なし
生活保護 負担なし 負担なし
お問い合わせ:092-811-1821 倉光病院 地域移行推進課 訪問支援科まで

ページの先頭へ

アディクション(依存症)家族会

倉光病院では、アルコール依存症・ギャンブル障害などの依存症のご家族のための会を毎月第2土曜日に開いています。
テーマについてスタッフから話をさせていただいたりビデオを見たりしたのち、家族同士で話し合う場を設けています。

→詳細は「家族へのサポート」をご覧ください。

ページの先頭へ

AA・断酒会・GAなど自助グループ

セルフヘルプ・グループ

下記に代表的なグループのリンクを載せます。

断酒会

1963年に始まったアルコール依存症者の自助グループ。全日本断酒連盟(全断連)には全国600以上の断酒会の集まりで、約6万人の会員といわれています。例会には家族も出席でき、地域によっては家族だけの例会も行われています。

問い合わせ先:全日本断酒連盟
http://www.dansyu-renmei.or.jp

AA( Alcoholics Anonymous )

グループ名は「無名のアルコール依存症者達の集まり」という意味。アメリカで1935年に誕生したアルコール依存症者の集まりで、日本では1975年に始まりました。
日本全国で約300のグループがあり、12ステップを使ったミーティングが1日に約100ヶ所で行われています。

問い合わせ先:
AA(Alcoholics Anonymous)of Japan

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/aa-jso/
→AA九州・沖縄セントラルオフィスはこちらをご覧ください。

GA(ギャンブラーズ・アノニマス)

病的賭博のための集まりです。

問い合わせ先:GA日本
http://www.gajapan.jp/

家族のためのグループ
アラノン(Al-Anon)

日本では1980年に始まったアルコール(薬物)依存症の影響を受けた家族と友人の集まりです。12ステップを使うミーティングが各地で開催されています。身近な人のアルコール・薬物問題により影響を受けた家族や友人が、病気からの回復と人としての成長を目的とする自助グループです。グループミーティングによる相互援助を行っています。
個人のプライバシーが守られ、安心して話すことができます。

アラノンジャパンGSO
03-5483-3313

http://www.al-anon.or.jp

ギャマノン(GAM-ANON)

ギャンブルの問題の影響を受けた家族・友人のための自助グループがGAM-ANON、ギャマノンです。医師・カウンセラーなどは同席せず、病的賭博本人の家族・友人という同じ立場の人たちが集まってミーティングを行っています。匿名ですから本名や身分を明かす必要はありません。

ようこそギャマノンへ
http://www.gam-anon.jp/

その他関連団体
特定非営利活動法人 ASK(アスク):アルコール薬物問題全国市民協会

アルコールをはじめとする依存性薬物の問題を予防し、人々の健康の維持・増進及び回復に寄与することを目的として設立されたNPOです。

→詳しくは、http://www.ask.or.jpをご覧ください。

(株)アスク・ヒューマン・ケア

ASKの出資によって、1994年4月に設立。同協会の出版事業を引き継ぐとともに、広く人間関係・家族・心の問題をテーマに出版・研修を行っています。

→詳しくは、http://www.a-h-c.jpをご覧ください。

ページの先頭へ