医療法人社団 飯盛会 倉光病院 は依存症治療、社会復帰、高齢者をサポートする福岡の病院です。

  • 〒819-0037 福岡市西区飯盛664-1
  • Tel:092(811)1821
  • Fax:092(812)3649
  • 依存症治療
  • 社会復帰への取組み
  • 高齢者サポート

倉光病院のご案内

  • 倉光病院について
  • 外来診療について
  • 入院治療について
  • アルコール依存症・ギャンブル障害などの依存症 治療プログラム
  • 入院ARP
  • 退院したのちのサポート
  • 社会復帰への取組み
  • 高齢者サポート
  • 物忘れ外来
  • 家族へのサポート
  • 治験
  • 関連施設
  • アクセス方法
  • お問い合わせ
  • 採用情報

アルコール依存症・ギャンブル障害などの依存症 治療プログラム

  • 治療プログラム
  • アルコール依存症とは
  • スクリーニングテスト
  • ギャンブル障害とは
  • TOP
  • アルコール依存症・ギャンブル障害などの依存症 治療プログラム

当院におけるアルコール依存症・ギャンブル障害などの依存症 治療

私たちは、アルコール依存症・ギャンブル障害などの依存症の入院治療と、その後の生活の支援を継続的に行います。 アルコール依存症は、アルコールの持つ依存性によって発症する病気で、薬物依存の一つです。私たちは昭和44年の開院以来、アルコール医療に携わってまいりましたが、平成15年より、より一層の治療内容の充実を図るため、チームアプローチの確立、デイケアの充実などに努めてまいりました。
現在は、アディクションリハビリテーションプログラム(ARP)デイケアでの外来プログラム、そして退院後に生活支援としてのグループホーム「ひかり」での援助の継続や訪問看護、加えて患者様にとって必要不可欠な家族の支援を体系化させるためのアディクション(依存症)家族教室運営など、本人の意思を尊重しながら家族も支援していくという、層の厚いケアを実施しております。

アルコール依存症・ギャンブル障害など依存症の方の治療のながれ

ページの先頭へ

アルコール依存症とは

(倉光病院:「アルコール家族勉強会ハンドブック」より一部改変)
アルコール依存症は本人の心がけの問題ではなく、病気です。
この病気については誤解や偏見(意志の弱い人、酒にだらしのない人など)がまかり通っており、正しく理解している人は少ないのではないでしょうか?
アルコール依存症とは、アルコールをコントロールして飲むことができなくなった状態です。 酒を少量でも口にすると、ほどよい量で切り上げることができず、やがて必ず酒による問題を起こします。
つまり、適度に飲みながら正常な日常生活を送るということは、もはやできないのです。 アルコールの持つ依存性によって、アルコール依存症が発症したのです。

アルコール依存症の特徴
  1. コントロール障害:少量でも口にすると、程よい量で切り上げられない。
  2. 離脱症状(身体依存):アルコールが切れたとき出現する。
  3. 強迫的飲酒欲求(精神依存)が起こる。
  4. 飲酒による弊害が起こっているにも関わらず、酒をやめられない(価値観の逆転)

*1、2を特に、アルコール依存症の2大特徴と言う。

進行のプロセス
  1. 習慣飲酒が始まる
    機会あるごとに飲む。気分の高揚を求めて飲む。酒に強くなる(耐性の形成)。酒量の増加
  2. 精神依存の形成(依存症との境界線)
    ほとんど毎日飲む。リラックスするのに酒が必要。生活の中で飲むことが優先になる。
  3. 身体依存の形成(依存症初期)
    酒が切れると、寝汗、微熱、下痢、不眠などの軽い離脱症状。飲む時間が待ちきれずイライラする。家族が酒を控えるよう注意し始める。
  4. トラブルが表面化(依存症中期)
    離脱症状、病的な飲酒行動、家庭内のトラブル、ウソ、隠れ飲み
  5. 人生の破綻(依存症後期~末期)
    酒が切れるとうつ状態や不安に襲われるため飲む。
    連続飲酒発作、離脱時の幻覚、肝臓その他の疾患の悪化などで、家庭や仕事を失う。最後は死に至る。

*慢性進行性で死に至る病気。30代で発病し内科を受診し、40代で精神科に入院し、50代で死に至るという経過がよく見られる

ページの先頭へ

あなたの飲酒の仕方は問題あり?

新久里浜式アルコール依存症スクリーニングテスト
男性版 (KAST-M)

下の問いのすべてにお答えください。
”はい””いいえ”いずれか当てはまるラジオボタンをチェックし、”判定”ボタンをクリックすれば、自動的に点数を計算し、あなたの飲酒問題の有無を判定致します。

最近6ヶ月の間に次のようなことがありましたか?

1.食事は1曰3回、ほぼ規則的にとっている
はい
いいえ
2.糖尿病、肝臓病、または心臓病と診断され、その治療を受けたことがある
はい
いいえ
3.酒を飲まないと寝付けないことが多い
はい
いいえ
4.二曰酔いで仕事を休んだり、大事な約束を守らなかったりしたことが時々ある
はい
いいえ
5.酒をやめる必要性を感じたことがある
はい
いいえ
6.酒を飲まなければいい人だとよく言われる
はい
いいえ
7.家族に隠すようにして酒を飲むことがある
はい
いいえ
8.酒がきれたときに、汗が出たり、手が震えたり、いらいらや不眠など苦しいことがある
はい
いいえ
9.朝酒や昼酒の経験が何度かある
はい
いいえ
10.飲まないほうがよい生活を送れそうだと思う
はい
いいえ

判定結果
新久里浜式アルコール依存症スクリーニングテスト

合計点が 4 点以上: アルコール依存症の疑い群
合計点が 1 ~ 3 点: 要注意群(質問項目 1 番による 1 点のみの場合は正常群。)
合計点が 0 点:正常群

女性版 (KAST-F)

下の問いのすべてにお答えください。
”はい””いいえ”の当てはまるラジオボタンをチェックし、”判定”ボタンをクリックすれば、自動的に点数を計算し、あなたの飲酒問題の有無を判定致します。

最近6ヶ月の間に次のようなことがありましたか?

1.酒を飲まないと寝付けないことが多い
はい
いいえ
2.医師からアルコールを控えるようにと言われたことがある
はい
いいえ
3.せめて今日だけは酒を飲むまいと思っていても、つい飲んでしまうことが多い
はい
いいえ
4.酒の量を減らそうとしたり、酒を止めようと試みたことがある
はい
いいえ
5.飲酒しながら、仕事、家事、育児をすることがある
はい
いいえ
6.私のしていた仕事をまわりの人がするようになった
はい
いいえ
7.酒を飲まなければいい人だとよく言われる
はい
いいえ
8.自分の飲酒についてうしろめたさを感じたことがある
はい
いいえ
判定結果
新久里浜式アルコール依存症スクリーニングテスト

合計点が 3 点以上: アルコール依存症の疑い群
合計点が 1 ~ 2 点: 要注意群(質問項目 6 番による 1 点のみの場合は正常群。)
合計点が 0 点:正常群

→ 独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センター

アルコール依存症に治癒(飲める体に戻ること)はありませんが、回復することはできます。
一滴も飲まない「断酒」を続けることで、健康を取り戻し、社会生活を送ることができるようになります。

ページの先頭へ

ギャンブル障害とは

ギャンブル依存症とも言われます。ギャンブルで借金が膨らんでもギャンブルがやめられない人は意志が弱いからと思われてきていましたが、精神的な病気であると認識されてきています。

1.	ギャンブル障害の特徴

パチンコ・スロット・競馬・競輪・競艇・オートレース・麻雀等など合法・非合法に関わらず様々なギャンブルがあります。
アルコール依存症と同じように慢性進行性の病気ですので、年月を重ねる毎にひどくなっていき借金してまでも、ギャンブルにのめり込んでいきます。ギャンブルが悪いとわかっていてもどうすることもできずやり続けてしまいます。
何故こうなるかというと、ギャンブルの持つ依存性によってギャンブル障害が発症したためだといえるでしょう。

  1. (a) 持続的に繰り返されるギャンブル
  2. (b) 貧困になる、家族関係が損なわれる、そして個人的生活が崩壊するなどの、不利な社会的結果を招くにもかかわらず、持続し、しばしば増強する

進行の過程はアルコール依存症と共通点が多いようです。

2.	アルコール依存症とのちがいは

ギャンブルには多額の借金がからみ、アルコールは関連身体疾患があるなどの相違点があります。

3.	ギャンブル障害へののめり込み度チェック

久里浜医療センターの病的ギャンブリング治療研究部門より引用させて頂いております。
アメリカ精神医学会の診断基準「精神疾患の分類と診断の手引き」第4版(DSM-Ⅳ)参考に作成。

  • ギャンブリングにとらわれている。
  • 興奮を得たいがために、掛け金の額を増やしてギャンブリングをしたい欲求が生じる。
  • ギャンブリングをするのを抑える、減らす、やめるなどの努力を繰り返し、成功しなかったことがある。
  • ギャンブリングをするのを減らしたり、またはやめたりすると落ち着かなくなる、またはいらいらする。
  • 問題から逃避する手段として、または不快な気分を解消する手段としてギャンブリングをする。
  • ギャンブリングで金をすった後、別の日にそれを取り戻しに帰ってくることが多い。
  • ギャンブリングへののめり込みを隠すために、家族、治療者、またはそれ以外の人に嘘をつく。
  • ギャンブリングの資金を得るために、偽造、詐欺、窃盗、横領などの非合法的行為に手を染めたことがある。
  • ギャンブリングのために、重要な人間関係、仕事、教育、または職業上の機会を危険にさらす、または失ったことがある。
  • ギャンブリングによって引き起こされた絶望的な経済状態を免れるために、他人に金を貸してくれるように頼ったことがある。

□にチェックが、5個以上ついた方は要注意です!

ページの先頭へ