医療法人社団 飯盛会 倉光病院はアルコール治療、社会復帰、高齢者をサポートする福岡の病院です。

  • 〒819-0037 福岡市西区飯盛664-1
  • Tel:092(811)1821
  • Fax:092(812)3649
  • アルコール治療
  • 社会復帰への取組み
  • 高齢者サポート

倉光病院のご案内

  • 倉光病院について
  • 外来診療について
  • 入院治療について
  • 入院生活について
  • 入院にかかる費用について
  • 病棟案内
  • アルコール依存症・病的賭博 治療プログラム
  • 社会復帰への取組み
  • 高齢者サポート
  • 物忘れ外来
  • 家族へのサポート
  • 治験
  • 関連施設
  • アクセス方法
  • お問い合わせ
  • 採用情報

病棟案内

  • 2病棟
  • 3病棟
  • 4病棟

入院治療部・病棟について

「安心」「信頼」「癒し」をスローガンに、患者さまの早い症状緩和と地域生活への
復帰のための援助を行っています。

2交代で24時間の看護体制をとっています。
看護スタッフは受け持ち制になっております。
担当看護師は患者さまとの面談やミーティングを通じ、共通の目的に向かえるよう看護計画をたて、必要に応じて関係するスタッフと連携しながら、チームとして援助を行います。

ページの先頭へ

2病棟

断酒・断ギャンブルを目的とした教育プログラム【アディクションリハビリテーションプログラム(アルコール依存症、ギャンブル障害などの依存症対応):ARP】を行うアルコール治療病棟と、長期療養が必要な患者さんの療養病棟の二つの機能を兼ねた病棟です。
アディクションリハビリテーションプログラム(アルコール依存症、ギャンブル障害などの依存症対応)(ARP)で入院した男性の患者さまは、入院後3週間目から2病棟での治療が始まります。
現在社会的問題にもなっているアルコールやギャンブル問題について、プログラムに沿って入院の期間中に真剣に取り組み3ヶ月間の治療プログラムからの卒業できるよう、また入院中から退院者との交流や自助グループの参加、必要に応じ抗酒剤の検討、さまざまな福祉制度の利用など、退院後の地域生活も考慮した援助やケアを行っております。
必ず断酒の方向に導きます。アルコールやギャンブル問題でお困りの方にお勧めします。

ページの先頭へ

3病棟

入院当初の急性期の治療を担当する病棟です。
3病棟は安全・安心なケアの提供をモットーに、医師・看護師ほか多数のメンバーが医療チームとして、急性期の多彩で不安定な病像に対して、早期の患者さまの心と体の回復がはかられるようサポートいたします。
病室は、PICU(精神科集中治療ユニット)10室と、個室3室、4人部屋8室からなり、病状やニーズに合わせて対応出来るようになっております。
PSミーティング(患者・スタッフミーティング)を取り入れ、患者様のニーズに沿って、行動範囲や様々な自己管理に必要な援助を、服薬指導作業療法心理教育SST(社会生活技能訓練)などの治療メニューと組み合わせて総合的に行っております。
アルコールリハビリテーションプログラムで入院した男性の患者さまは入院当初の2週間は心身ケアのため3病棟での入院となり、また女性の患者さまはARP期間を3病棟での入院となります。

不安や興奮、徘徊などの精神症状が激しく、自分や他人を害したり、療養環境に支障を来す可能性が強い時などに、患者さまご自身や周りの方々を保護する目的で、PICU(精神科集中治療ユニット)があります。外部から施錠が可能な保護室から通常の個室まで病状に合わせて適切な構造と設備の病室で対応致します。
アディクションリハビリテーションプログラム(ARP)において、入院時状態によっては医師の指示でPICU内の個室で安静を守っていただき、心身の観察とケアを行っております。

ページの先頭へ

入院治療部・病棟について

社会復帰支援病棟です。
精神症状がある程度安定された患者さまに対して、日常生活の様々な援助・活動を通じ日常生活技能の見直しや改善をはかり、また作業療法やSST、心理教育などの様々なアプローチを通して、社会生活技能の改善や社会性協調性を養い地域生活に向けての準備をおこなっていく病棟です。
担当スタッフは勿論のこと、病棟や他の部署のスタッフを交えケースカンファレンスなどを行いながら、チーム全体でIADL(手段的日常生活動作)の向上を図り、患者様の状態に応じた地域生活への退院支援に力を入れています。

ページの先頭へ