医療法人社団 飯盛会 倉光病院はアルコール治療、社会復帰、高齢者をサポートする福岡の病院です。

  • 〒819-0037 福岡市西区飯盛664-1
  • Tel:092(811)1821
  • Fax:092(812)3649
  • アルコール治療
  • 社会復帰への取組み
  • 高齢者サポート

倉光病院のご案内

  • 倉光病院について
  • 外来診療について
  • 入院治療について
  • 入院生活について
  • 入院にかかる費用について
  • 病棟案内
  • アルコール依存症・ギャンブル障害などの依存症 治療プログラム
  • 社会復帰への取組み
  • 高齢者サポート
  • 物忘れ外来
  • 家族へのサポート
  • 治験
  • 関連施設
  • アクセス方法
  • お問い合わせ
  • 採用情報

入院にかかる費用について

  • 各種費用について
  • お支払いについて
  • 診断書・他
  • 高額療養費制度について

各種費用について

  • アルコールリハビリテーションプログラム(ARP)をうける患者様へ

    入院治療費と別途に、ファイル代(資料・テキスト・文具を含む)として
    税込み4,900円徴収させていただきます。

  • 小遣い管理代行料

    患者さまの病状に合わせて、お小遣いを病院事務に預けることができます。
    その場合、管理料として出金等があった日に1日当たり100円徴収させていただきます。

  • ロッカー管理料

    病棟内にある個人ロッカーを使用される場合は、1階受付でロッカー利用申込書を記入して、手続きしてください。ロッカー管理料は不要です。
    ただし鍵を紛失された場合は、鍵交換費用として2,700円、破損の場合は修理代実費を入院費用に含めて請求させていただきます。
    防犯や患者様の貴重品管理をしていく上で、鍵を紛失の場合はスペアキー作成ではなく、シリンダーごと交換いたします。

  • オムツなどのリース・クリーニングを使用された方

    必要な方はお申し出ください。

  • 個室料

    患者様ご本人やご家族から個室を希望された場合、規定の金額を徴収させていただきます。

    • 個室A(ユニットバス・トイレ付):1万円から
    • 個室B(トイレ付):8千円から

ページの先頭へ

お支払いについて

  1. 医療費は毎月末で締め切り、翌月10日頃保護者さま宛てに請求書を発送いたします
  2. 入院費の請求書と一緒に、オムツなどのリースやクリーニングの請求書及び売店購入分の請求書を同封いたします(該当する患者さまのみ)
  3. お支払いは、直接、当院受付窓口で、または現金書留での郵送、郵便振替、銀行振込にてお願いします。詳しくは受付窓口までお尋ねください。
    窓口ではクレジットカードが使えます。
  4. 医療費の支払いについて、高額療養費制度や高額療養費貸付制度があります。
    詳しくは、受付窓口か、医療福祉相談科のソーシャルワーカー(PSW)へお尋ね下さい。

診断書・他

診断書・証明書他、書類を依頼される場合は、受付窓口までお願いします。文書に応じて文書料がかかります。また、文書作成に10日ほどかかりますので締め切りのある書類の場合は早めに受付窓口にご依頼ください。
詳しくは受付窓口までお尋ね下さい。

ページの先頭へ

高額療養費制度について

Q1:高額療養費制度ってなに?

70歳未満の患者さん(健康保険で治療を受ける方、65歳以上で老人医療証をお持ちの方は対象外)で、1ヵ月の窓口負担が自己負担限度額を超えた時は

  1. 超えた分が差し引かれて請求される。
  2. または
  3. 超えた分が被保険者(患者さん)の請求により、保険者より払い戻される制度です。
Q2:高額療養費の自己負担額は、いくらですか?
高額療養費の自己負担限度額について、負担能力に応じた負担を求める観点から、平成27年1月診療分より、70 歳未満の所得区分が3 区分から5 区分に細分化されました。
①区分ア
(標準報酬月額83万円以上の方)
252,600円+(総医療費-842,000円)×1% 140,100円
②区分イ
(標準報酬月額53万~79万円の方)
167,400円+(総医療費-558,000円)×1% 93,000円
③区分ウ
(標準報酬月額28万~50万円の方)
80,100円+(総医療費-267,000円)×1% 44,400円
④区分エ
(標準報酬月額26万円以下の方)
57,600円 44,400円
区分オ(低所得者)
(被保険者が市区町村民税の
 非課税者等)
35,400円 24,600円

注)「区分ア」または「区分イ」に該当する場合、市区町村民税が非課税であっても、
 標準報酬月額での「区分ア」または「区分イ」の該当となります。

※同じ月に転院するなど複数の医療機関で21,000円の基準額を超えて、お支払いされた場合、
その月の負担額を合算して計算し限度額を、超えた分は保険者にて払い戻しを受けることができます。

※食事代、差額ベット代などの保険外費用は、対象外となります。

詳しくは医療福祉相談科精神科ソーシャルワーカー(PSW)にお尋ね下さい。

ページの先頭へ